本気で取り組む薄毛の対策講座

本気で取り組む薄毛の対策講座 もう薄毛で悩まない!しっかりと対策して、ふさふさ髪へカムバック!

薄毛対策におすすめの育毛剤TOP3

1位 ナノインパクトプラス

2位 ナノアクションD

3位 ポリピュアEX

薄毛の対策講座 トップ » 薄毛の対策方法を比較 » 【番外】かつら

【番外】かつら

意外な薄毛対策?かつらについてまとめています。

かつらは薄毛対策に効果的か?

薄毛対策にはかつらを使用する方法もあります。当然、根本的な解決策にはなりませんが、人からの見た目による印象は断然違います

かつらには、毛の艶や光沢、手触りが自然な人毛かつらと、ポリエステルなどの化学繊維が主体の人工毛髪かつらがあります。また人毛と人工毛髪を一定の割合で混ぜ合わせたミックスかつらもあります。

かつらのベースとなる毛の植え込み部分の種類によって形状が分かれます。多くは人工皮膚タイプかネットタイプの物に分けられます。

付け方も接着剤で直接頭皮に取り付ける方法、かつらに付けた両面テープで取り付ける方法、ヘアピンで自毛に取り付ける方法、かつらに自毛を編み込む方法とだいたい決まっています。

かつらによって薄毛は改善されません。あくまでも頭にかぶせ物をすることで、一時的に髪が薄い部分を隠すだけです。さらに、かつらをすることによって、頭皮が常に蒸れる状態になるので、毛髪のことを考えると、決してよいものとは言えません。

かつらは長期間使用するとさまざまな不具合が出てきます。使い続けるためには、日々手入れやメンテナンスをしなければなりません。

自分の頭にフィットするかつらを作るためには、50~60万円ほどかかります。しかも、メンテナンスをしたからといって、一生同じかつらを使えるわけではなく、2~3年が買い替えが必要になります。

つけるだけで手っ取り早くフサフサの頭になる、という点では手軽といえますが、買い換えのコストを考えると、痛い出費になることが想像できます。 

また、装着方法などにより、頭皮がかぶれたりする場合があります。

かつらのメリット・デメリット

メリット
  • 育毛サロンにかよったり、AGAクリニックで治療する場合と比べて、手軽。
  • パーマ、髪染め、ヘアアレンジが比較的自由にできる。
 
デメリット
  • 他人にバレる危険性がある。
  • 定期的なメンテナンスや手間がかかる。
  • 買い替えが必要なので、それなりに費用がかかる。
  • メンテナンスや細かなお手入れが必要で面倒。
  • 頭皮が蒸れたり、汗をかいたりすることで、余計にハゲを促進してします。
 

薄毛の対策方法を比較

薄毛対策におすすめの育毛剤ガイド

薄毛対策におすすめの育毛シャンプーガイド

薄毛対策におすすめの育毛サプリメントガイド

薄毛・ハゲになる原因まとめ

自分でできる簡単・薄毛対策

必見!評判の育毛剤・実体験記