本気で取り組む薄毛の対策講座

本気で取り組む薄毛の対策講座 もう薄毛で悩まない!しっかりと対策して、ふさふさ髪へカムバック!

薄毛対策におすすめの育毛剤TOP3

1位 ナノインパクトプラス

2位 ナノアクションD

3位 ポリピュアEX

薄毛の対策講座 トップ » 薄毛の対策方法を比較 » 育毛シャンプー

育毛シャンプー

ここでは薄毛対策のひとつ、良くもうシャンプーについて解説しています。

おすすめ薄毛対策:育毛シャンプー

育毛シャンプーは、頭皮の血行を促進したり、保湿しつつも頭皮の皮脂を取り除いたりして、毛髪が育ちやすい頭皮環境を整える働きがあります。

シャンプー本来の目的である髪の汚れを洗い流すだけでなく、発毛や育毛に効果的な成分を含んでいるものを育毛シャンプーと呼びます。毛穴の詰まりや、炎症などのトラブルを抱えた頭皮のケアに欠かせないものですね。

育毛シャンプーのおすすめポイント

育毛シャンプーはそれ自体に薄毛を改善する成分が含まれているワケではありません。どちらかというと薄毛の改善を期待するよりも、むしろ頭皮環境を整えるために使用する方が多いようです。

毎日使うもの、として考えた際にシャンプーの手軽さは非常にありがたいもの。普段使っているシャンプーと交換するだけで、頭皮の環境が整えられるのです。

汚れを落とすことだけを目的とした市販のシャンプーに比べると割高に感じるものもありますが、相場としては1本3,000円前後のものが多く販売されています。

育毛が目的のシャンプーなので、髪や頭皮に優しい成分が多く配合されています。ですが、中には界面活性剤が入っているものもあるので、育毛シャンプーを買う際は、成分をよくチェックしましょう。

注意するのは成分だけではなく、使い方にも注意が必要。

たとえば、髪や頭を力任せにゴシゴシ洗うと頭皮の皮脂を必要以上に取り除いてしまいます。

すると頭皮が乾燥し、そこに潤いを与えるべくさらに多くの皮脂が分泌されることで、皮脂が毛穴に詰まったり、頭皮の環境が悪化してしまいます。

育毛シャンプーのメリット・デメリット

メリット
  • 種類が豊富で、好きな商品を選べる。また男女の差がなく、使える商品が多い。
  • 髪や頭皮に優しい成分で出来ている。
  • 自分で使うものなので、他人にバレることはありません。
 
デメリット
  • 一般のシャンプーよりも費用面で割高になる。
  • 使い続けないと効果がわからない。また使ったからといって薄毛の抜本的な改善は期待できない。発毛効果は期待できない。
  • 正しい方法で洗わないと逆効果。
 

髪と頭皮にやさしい洗髪方法

より髪と頭皮にやさしい洗い方をすれば、それだけ髪が生えてきやすいコンディションが整います。洗髪は毎日のことなので、積み重ねが肝心です。

①髪をブラッシングする

まず、すぐにシャンプーで髪を洗い始めるのではなく、髪を濡らす前にブラッシングします。そうすることで、頭皮についた皮脂やホコリを浮かせられるため、余計な負担をかけずに汚れを落とすことが出来るのです。

②お湯で洗髪する

まず、38度前後のお湯で髪をすすぎます。お湯の温度が熱すぎると頭皮が乾燥したり、負担がかかって過剰に皮脂が分泌されてしまいます。また、温度が低すぎても脂汚れが流れないので、38度前後の少しぬるめな温度が適温です。
これにより、シャンプーで頭皮の汚れが浮き上がり、髪の毛の表面に付いていた汚れがある程度落ちます。

③シャンプーをする

シャンプーは、手のひらで泡立てて使います。頭皮に直接付けてしまうと刺激が強いので、かぶれや抜け毛の原因になることも。
生え際から頭頂部にかけて、指の腹で泡を揉み込みながらシャンプーしましょう。かゆい部分があると、ついつい爪をたててしまいがちですが、それもNG!指の腹で押さえるように頭皮を揉み、かゆみを取っていきます。
また、汚れを落としたいからといって、シャンプーをたくさんつけるのも止めましょう。

④丁寧にすすいでシャンプーを洗い流す

洗い残しは、抜け毛やかゆみの原因にもなりるため、丁寧にしっかり洗い流しまします。洗髪に掛ける適切な時間は、シャンプーのおよそ3倍とされています。
頭皮を軽く揉んでマッサージすれば、毛穴のつまりも取れ、血行も改善。この時、頭皮に爪を立てたり、ブラシを使ってこすり洗いをするのは止めましょう。

⑤コンディショナーをする

もし、シャンプー後にコンディショナーを使用する場合は、頭皮になるべく付かないようしてください。頭皮を刺激してしまい、毛穴詰まりの原因にもなってしまいます。もちろん、すすぎはしっかりと行いましょう。

⑥髪を手早く乾かす

髪は抑えるように、頭皮は軽くたたくようにしてタオルドライをします。これである程度水分を取ってしまえば、ドライヤーは短時間で済みます。ドライヤーを使う時は、ダメージを避けるために同じところをずっと当てず、髪との距離を最低15cm空けて動かしながら乾かしていきます。 ちなみに、自然乾燥は髪に負担をかけるほか、頭皮に雑菌がわく原因となるので厳禁です。

育毛剤との併用で期待できる効果アップ

薄毛対策で育毛シャンプーを使うならば、ぜひ育毛剤と併用して使用しましょう。

これはつまり、それぞれの役割を最大限に発揮させるため。

育毛シャンプーで頭皮の状態を発毛に適した環境に整えてから、育毛剤で発毛を促すといった使い方が薄毛対策という観点からみると良いようです。

 

薄毛の対策方法を比較

薄毛対策におすすめの育毛剤ガイド

薄毛対策におすすめの育毛シャンプーガイド

薄毛対策におすすめの育毛サプリメントガイド

薄毛・ハゲになる原因まとめ

自分でできる簡単・薄毛対策

必見!評判の育毛剤・実体験記