本気で取り組む薄毛の対策講座

本気で取り組む薄毛の対策講座 もう薄毛で悩まない!しっかりと対策して、ふさふさ髪へカムバック!

薄毛対策におすすめの育毛剤TOP3

1位 ナノインパクトプラス

2位 ナノアクションD

3位 ポリピュアEX

薄毛の対策講座 トップ » 薄毛の対策方法を比較 » 【番外編】食事

【番外編】食事

薄毛対策をしている人に向けた食事の改善法をまとめました。

毎日の食事がそのまま薄毛対策になる

薄毛対策をしている人は、育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリなどを使って、
体の内面と外面から対策をしていると思います。

しかし、人間にとって一番大切なのは、やはり食事

身体のために健康的な食生活をすることは、そのまま髪の健康にもつながります。

ひと昔前は、ワカメを毎日食べると髪に良い影響を与えるとされてきました。
しかし、科学的な根拠はまったくないのです。いわば、迷信といえるでしょう。

そこで、まずは髪に良いとされる食生活について考えていきます。

髪の健康を意識した食生活とは?

まず、髪に良い食生活とダメな食生活の違いを見ていきましょう。

 

良い食生活

  • 栄養が偏らないような、バランスの良い食事
  • 朝昼夕と1日3回、規則正しく食べる
 

ダメな食生活

  • 就寝前に食べすぎる
  • ダイエットや食事制限をする
  • 脂の多いメニューが中心
 

このように、一般的に良いとされている食事をすれば問題ありません。
ダメな食生活について、ひも解いていくと……。

 
  • 就寝前に食べ過ぎる

これは就寝のタイミング(生活習慣)とも関連するのですが、
髪が成長する時間帯である22時~翌2時までは食べないのが理想的です。
なぜなら、食事をすることで、血液が胃の消化に使われてしまうため、肝心な頭皮の血行が悪くなるからです。
可能なら、22時までに食事を終えましょう。

 
  • ダイエットや食事制限をする

肥満な人だったり、痩せたい人は、食事制限によるダイエットを検討することもあることでしょう。
しかし、「食事制限=栄養が少ない」となるため、髪まで栄養が行きわたらないケースがあるのではと指摘されています。
生物は生きるために、一番重要な部分に栄養を使うといった体のメカニズムがあり、
食事量が少ないと、生死にかかわらない部分への栄養量が減ると考えられています。
ですから、薄毛対策をしたいと考えているなら、無理なダイエットは控えましょう。

 
  • 脂の多いメニューが中心

揚げ物や骨付き肉など、脂の多いメニューは美味しいもの。
フライドチキン、から揚げ、ピザなどは、ついつい欲張って食べてしまいたくなりますよね。
しかし、脂を摂りすぎると頭皮が脂ぎってしまい、毛穴に脂が詰まってしまいます
髪のことを考えるなら、食べたい欲望を抑えることも大切です。

髪に良い栄養を摂るために覚えておくこと

髪の毛の99%は、ケラチンという成分で構成されています。

このケラチンはアミノ酸が18種類結合したタンパク質であるため、
食事において「タンパク質」を摂取することが、薄毛対策にもつながります。

 

タンパク質の多い食品

  • 納豆や豆腐などの大豆製品
  • 肉類や魚類
  • 卵や乳製品
 

これらを摂取することが、食事における薄毛予防の近道といえるでしょう。

ほかにも、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンE、ビタミンPといったビタミン群、
コラーゲンや亜鉛、鉄分などのミネラルを摂ることも髪に良い影響を与えるとされています。

毎日の食事において、髪に良い栄養を摂ることが、
健康で美しい毛を保ち、結果的に薄毛対策にもつながるのです。

ぜひ明日から実践してみてくださいね。

髪に良い食べ物って?

ここでは、薄毛対策としてすぐにでも実践できる、髪に良いとされる食べ物を使った献立を紹介しています。

食事は、時間が無くてもバランスよくしっかり食べましょう。オススメは和食です。
夕食においては、おつまみだけで済ませてしまう方もいるようですが、そんな時でも髪の毛に良い栄養素の摂取を忘れないようにしましょう。

 

朝食

  • 献立例:ごはん・わかめと豆腐の味噌汁・納豆・鯵の干物・バナナ
  • ポイント:わかめに髪への直接的な育毛効果はありませんが、わかめに含まれる成分、ヨード(ヨウ素)は髪にツヤを与えてくれますし、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。
    また、鯵に含まれるビタミンやタンパク質も髪に効果的ですし、卵焼きでの置き換えもオススメです。最後に、デザートのバナナでビタミンBを補いましょう。
 

昼食

  • 献立例:レバニラ炒め定食(ごはん・味噌汁)、みかん
  • ポイント:レバーは、髪に良いビタミンや鉄分がしっかり含まれている、栄養素の優等生。そのため、是非食べて頂きたいのですが、どうしても苦手という方は、亜鉛が豊富なカキのフライや、ビタミンBが豊富なカボチャをコロッケや煮物で取り入れてみましょう。
    そして、外してほしくないのがデザートのみかん。みかんには、血管を拡張して血行を良くする効果があります。食事のデザートに取り入れることで、栄養を頭皮までスムーズに届けてくれます。手軽に食べられるので、あまり時間の取れない休憩時間にも大活躍です。
 

夕食・おつまみ

  • 献立例:(ごはん)・冷奴キムチのせ・鰯の丸干し・ほうれん草の黒胡麻和え・味噌汁
  • ポイント:キムチに使用されている唐辛子には、カプサイシンという成分が含まれており、髪の成長を手助けしてくれます。味噌汁や蕎麦などに一ふり掛ける食べ方もオススメ。ただ、カプサイシンの過剰な摂取は、身体全体への刺激が強いので注意しましょう。
    また、カプサイシンは、大豆に含まれるイソフラボンと合わせて摂ると、IGF-1という成長因子が増えるので、発毛促進がUPします。
    そのほか、魚類の中でもビタミンB6が豊富な鰯や、ナイアシン・鉄分を配合した黒ゴマも髪の健康に一役買ってくれる食材です。
 

薄毛の対策方法を比較

薄毛対策におすすめの育毛剤ガイド

薄毛対策におすすめの育毛シャンプーガイド

薄毛対策におすすめの育毛サプリメントガイド

薄毛・ハゲになる原因まとめ

自分でできる簡単・薄毛対策

必見!評判の育毛剤・実体験記