本気で取り組む薄毛の対策講座

本気で取り組む薄毛の対策講座 もう薄毛で悩まない!しっかりと対策して、ふさふさ髪へカムバック!

薄毛対策におすすめの育毛剤TOP3

1位 ナノインパクトプラス

2位 ナノアクションD

3位 ポリピュアEX

薄毛の対策講座 トップ » 薄毛の対策方法を比較 » 【番外編】ドライヤー

【番外編】ドライヤー

薄毛対策・予防のために知っておきたいドライヤーの正しい使い方を伝授します。

薄毛対策のために覚えておきたい髪の話

男性・女性を問わず、シャワーや風呂上がりに利用しているのがドライヤーです。
髪を乾かすために使っているこのドライヤーが、実は使い方を間違えると髪を痛めてしまうって知っていましたか?

一般的に髪の健康状態は、髪の表面を覆っている「キューティクル」の状態に左右されると言われています。
厚さにして数ミクロンと薄く、肉眼では見えないこの組織が、髪の健康には大きく関わっているのです。

キューティクルがキレイに整っていれば健康な髪、
キューティクルが剥がれたり傷んだりするとダメージヘアになります。

このキューティクルは熱に弱いという特徴があり、60~70℃で破壊されてしまうのです。

一般的なドライヤーの温風は100~120℃前後ですから、
温風を当てすぎると髪を痛めてしまうことになります。

薄毛に悩んでいる人にとって、髪を痛めてしまうのは、
さらに抜け毛を増やしてしまう原因にもなりかねません。

そこでドライヤーの正しい使い方を学んで、しっかりと対策をすることが大切になってきます。

ドライヤーを正しく使って髪を守ろう!

ドライヤーさて、髪におけるキューティクルの大切さがわかったところで、正しいドライヤーの使い方を見ていきましょう。

大きくわけて、ポイントは2つ。

 
  • 髪から10~15cm以上離してブローすること
  • 弱風で同じ位置に連続して当てないこと
 

ドライヤーでのブローに慣れている人、例えば美容師さんなどは、
これらのポイントを押さえて髪を乾かしてくれることに気づくでしょう。

自宅でのヘアケアにおいても同様に、髪に優しくドライヤーを当ててあげることが大事です。

ドライヤーを髪に当てる時間を短縮するために、タオルで十分に水を拭き取るのもポイント

その際も、優しく髪をいたわるように、ゆっくりとタオルを当てて、水分をしみこませて拭き取りましょう。

男性の場合、力に任せてついついタオルで強くゴシゴシと頭や髪を拭いてしまいますが、
これは逆効果!髪を傷めたり、枝毛にもつながってしまいます。

優しくタオルドライをしたうえで、ドライヤーを当てれば、
髪にかかる負担を減らすことができるので、ぜひトライしてみてください!

もちろん、風呂上がりだけでなく、朝のスタイリング時にドライヤーを活用する人もいると思います。
そういったときも、少し気を遣ってあげるだけで、髪へのダメージを減らすことができますよ。

 

薄毛の対策方法を比較

薄毛対策におすすめの育毛剤ガイド

薄毛対策におすすめの育毛シャンプーガイド

薄毛対策におすすめの育毛サプリメントガイド

薄毛・ハゲになる原因まとめ

自分でできる簡単・薄毛対策

必見!評判の育毛剤・実体験記