本気で取り組む薄毛の対策講座

本気で取り組む薄毛の対策講座 もう薄毛で悩まない!しっかりと対策して、ふさふさ髪へカムバック!

薄毛対策におすすめの育毛剤TOP3

1位 ナノインパクトプラス

2位 ナノアクションD

3位 ポリピュアEX

薄毛の対策講座 トップ » 薄毛・ハゲになる原因まとめ » 圧迫性脱毛症

圧迫性脱毛症

圧迫性脱毛症の特徴や原因、対策法を解説します。

圧迫性脱毛症の定義

なんらかの物理的な力が加わることによって生じる脱毛症を「機械的脱毛症」、または「外傷性脱毛症」と総称しますが、圧迫性脱毛症もこのうちの1つ。

圧迫性脱毛症=機械的脱毛症というわけではありませんが、機械的脱毛症と括られる病気とは、症状が類似しています。

圧迫性脱毛症の原因

頭への圧迫による血流障害が原因です。短期間と長期間の2パターンがあります。

  • 短期間(数時間)の強い圧迫
    日本型のかつらの着用や、手術での頭部固定などによる、数時間の頭への圧迫が原因となります。
  • 長期間の圧迫
    数か月、数年間といった長期にわたる圧迫による血流障害でも起こります。一般には、ヘルメットや帽子の着用習慣が原因と言われています。

ただし気をつけたいのが、単にヘルメットや帽子の長期着用が原因の薄毛とは異なるという点。あくまでも、ヘルメットや帽子の圧迫(サイズが合っていないなど)によって生じる血流障害を原因とした脱毛を指しており、頭を覆うことによる通気性悪化や過剰な皮脂分泌を原因にした脱毛とは異なります。

また、ヘルメットなどが同じ部位に触れて、擦れることが原因による脱毛もありますが、これとも異なります。

男性と女性ではどちらが多い?

圧迫性脱毛症は男女を問わず発症します。昔は前述したように、日本型のかつらが原因となる場合が多かったため、女性に多く発症すると思われていましたが、昨今では特に性別は関係ないと言われています。

圧迫性脱毛症の治療法と対策

病院で治療するという類のものではありません。原因を取り除くことが、治療につながります。圧迫性脱毛症は一過性の血流障害が原因の脱毛なので、放置してもおおむね2週間程度で自然回復するでしょう。

圧迫性脱毛症を対策しよう

まずは、ヘルメットや帽子のサイズが合っているかどうかを確認しましょう。とくに仕事などで長時着用を前提とする人は、自分だけでサイズを判断するのではなく、販売店など第三者の視点も入れたほうが良いです。また、長時間バンダナをきつく巻くのも避けたほうが良いでしょう。

仕事上、どうしても頭を圧迫してしまう場合は、頭皮マッサージなどを行って、頭の血流を良くしてあげてください。リフレッシュにもつながるので、おすすめです。最近は頭皮マッサージグッズも手軽に購入できるので、試してみてはいかがですか。

 

薄毛の対策方法を比較

薄毛対策におすすめの育毛剤ガイド

薄毛対策におすすめの育毛シャンプーガイド

薄毛対策におすすめの育毛サプリメントガイド

薄毛・ハゲになる原因まとめ

自分でできる簡単・薄毛対策

必見!評判の育毛剤・実体験記