本気で取り組む薄毛の対策講座

本気で取り組む薄毛の対策講座 もう薄毛で悩まない!しっかりと対策して、ふさふさ髪へカムバック!

薄毛対策におすすめの育毛剤TOP3

1位 ナノインパクトプラス

2位 ナノアクションD

3位 ポリピュアEX

薄毛の対策講座 トップ » 薄毛・ハゲになる原因まとめ » 遺伝による薄毛

遺伝による薄毛

遺伝が原因で薄毛になるのか解説します。

遺伝と薄毛の関係

「薄毛は遺伝する」とよく言われますが、この薄毛と遺伝の関係は、明確に解明されているわけではありません。

しかし、何らかの関係があることは確実と言われ、様々な説が唱えられています。以下にその有力な関係性の説を紹介します。

母親からの遺伝

これは、2005年にドイツの研究グループから発表されたもの。

男性の遺伝子には、XとYという2種類の染色体が存在します。このうち、Xのほうに薄毛の原因となる要素が発見された、というもの。Xは母親から遺伝する染色体ですから、薄毛は母親から遺伝する、ということになります。

では、同じ薄毛の染色体を持つ母親自身は薄毛かというと、まるまる髪がないというケースは稀です。これは、母親が「女性」だから。薄毛の遺伝子は、男性には影響しやすいのですが、女性には影響しにくいのです。さかのぼって母親の父親、つまり本人から見れば母方の祖父。実はこの人が薄毛の可能性が高いと言われています。

現在のところ、この学説は否定されてはおらず、遺伝性の薄毛の一面を正しくとらえたものとされています。

ただし、遺伝性の薄毛は、これ以外にも理由があると推測されており、その研究はいまだ進行形のままとなっています。

遺伝性の薄毛に男女の違い

前述した通り、遺伝性の薄毛は、男性には影響しやすいのですが女性には遺伝しにくいと言われています。

厳密にいえば、女性にも遺伝はするのですが、男性のようにほぼ髪がない状態になることは少ないようです。

両親から見る薄毛の可能性

父親と母親、ふたりとも薄毛の遺伝因子を持っていない場合、本人は少なくとも遺伝要因では薄毛になりません。逆に、ふたりとも薄毛の因子を持っている場合は、本人が男性であろうが女性であろうが、薄毛になる確率は高くなります。

しかし、髪がほとんどなくなるほどの薄毛になるのは、男性ホルモンが強く作用するので、男性のほうが薄毛は目立ちます。

さらに、父親か母親どちらか一方が薄毛の因子を持っている場合は、本人が男性の場合薄毛になる確率が高くなり、本人が女性の場合は薄毛になりにくいと言われます。

以上の仮説を踏まえると、やはり確率の問題で男性のほうが、遺伝の影響を強く受けることが分かります。

なお、薄毛因子の遺伝パターンから算定すると、男性の場合は75%前後、女性の場合は25%前後の確率で薄毛体質が遺伝する形になります。

 

薄毛の対策方法を比較

薄毛対策におすすめの育毛剤ガイド

薄毛対策におすすめの育毛シャンプーガイド

薄毛対策におすすめの育毛サプリメントガイド

薄毛・ハゲになる原因まとめ

自分でできる簡単・薄毛対策

必見!評判の育毛剤・実体験記