本気で取り組む薄毛の対策講座

本気で取り組む薄毛の対策講座 もう薄毛で悩まない!しっかりと対策して、ふさふさ髪へカムバック!

薄毛対策におすすめの育毛剤TOP3

1位 ナノインパクトプラス

2位 ナノアクションD

3位 ポリピュアEX

薄毛の対策講座 トップ » 薄毛・ハゲになる原因まとめ » 産後脱毛症

産後脱毛症

女性特有の薄毛の原因「産後脱毛症」について解説します。また、産後脱毛症はいつまで続くのか、治療や対策法などもあわせて見ていきましょう。

産後脱毛症とは

産後脱毛症とは、出産を終えた女性に発症する一時的な脱毛症のこと。いつまでも続くわけではなく、通常は、産後2~3ヶ月の間に脱毛が生じ、半年~1年たつと元の状態に戻ります。多くの女性が経験するものなので、とくに心配しなくても大丈夫な症状です。

ただし気を付けたいのが、子育てのストレスによる円形脱毛症との判別。円形脱毛症の場合は、皮膚科などに相談する必要があります。部分的な脱毛が気になる場合は、一度専門の病院で診察してもらうと良いでしょう。

また当然ですが、男性は発症することはありません。奥さんが出産した後に、突然脱毛が気になりだしたのなら、それは何か別の原因によるものなので、ストレスによる円形脱毛症などを疑いましょう。

産後脱毛症の原因

出産による女性ホルモンの急減が原因です。

女性ホルモンと髪の関係

髪の毛には、成長期、退行期、休止期という3つのサイクルがあります。女性ホルモンには髪の毛を丈夫に、抜けにくくする作用や、サイクルのうち「成長期」を長くする役割があります。妊娠中の女性は、体内で女性ホルモンの量が増大するため、髪の毛も活発化し「成長期」の全盛となります。しかし出産すると同時に、女性ホルモンが体の中から急激に減少するので、髪も「成長期」から一気に「休止期」に移行してしまいます。これにより、丈夫だった髪は突然力を無くし、毛が抜け落ちてしまうのです。

しかし産後脱毛症になり、たとえ脱毛したとしても、遅くとも1年後には安定した髪のサイクルを取り戻せるので、さほど心配することはありません。

産後脱毛症の治療・対策法

自然治癒するので、とくに病院で治療する必要はありません。ただし栄養が不足すると、正常なサイクルを取り戻すのに時間がかかるので、食生活には注意が必要です。

また産後は、新生児や乳児への授乳によって、自分が思っている以上に体内から多くの栄養素が排出されています。バランスの取れた食事を心掛けるのは、ご自身のためにも子供のためにも必要なこと。産後はなるべく栄養価の高いものを食べるように、心がけましょう。

毛髪再生に良い成分

鉄、亜鉛、タンパク質などが髪に良いとされています。これらの成分を多く含む、卵やナッツなどの食物を積極的に摂りましょう。

 

薄毛の対策方法を比較

薄毛対策におすすめの育毛剤ガイド

薄毛対策におすすめの育毛シャンプーガイド

薄毛対策におすすめの育毛サプリメントガイド

薄毛・ハゲになる原因まとめ

自分でできる簡単・薄毛対策

必見!評判の育毛剤・実体験記